• デンタルローンの審査

    デンタルローンとは、得てして治療費が高額になりがちな歯科治療の費用をまかなうためのローンということができます。



    いわゆる自費診療の費用をまかなうために使われることが多いでしょうが、別に自費診療だけに限定したものではなく、保険診療の自己負担額の部分についてもデンタルローンを使うことは可能です。しかし、デンタルローンもローンの一種であることに変わりはありませんから、お金を借りるには審査があります。

    歯ぼ治療費のローン情報を探しましょう。

    審査に落ちてしまうこともありますから、どんな人が審査に落ちてしまうのかを知っておくことは無駄にはなりません。それを説明しましょう。まずは、本人の収入面が審査されます。
    安定した収入があることが必要で、例えば学生や専業主婦などの場合は、連帯保証人をたてる必要があるかもしれません。
    また、消費者金融など銀行以外のローン会社からお金を借りる場合には、自分の年収の三分の一以上のお金は借りられません。
    例えば年収150万円の人であれば50万円以上は借りられないようになっていますから、とくにアルバイトやフリーターなどで年収の高くない人は注意が必要です。


    また、年収の三分の一以内ではあっても、お金を貸すほうにとっては本人の年収などはなかなか分かりませんから、50万円を越えるようなお金を借りようとする場合には収入証明書の提出を求められることがあります。

    2ちゃんねる情報サイトを使用する機会が増えています。

    収入面だけではなく、これまでローンの返済に遅れたことがないかなども審査の対象となっています。

  • 金融関係の情報

    • デンタルローンは歯科医院での治療に使うことを目的としたローンであり、歯科医院と提携している信販会社からお金を借りて分割で返済するものです。また、直接銀行などに申し込むこともできます。...

  • 金融について思うこと

    • 歯科治療というのは、歯を抜いたりする外科処置を多く含むため、風邪をひいて内科にかかるよりも治療費が高額になります。保険治療であれば、実際にかかった額の3割の負担で済むため、数千円程度の支払いが多くなります。...

  • おすすめ情報

    • 歯の治療ではできるだけ抜歯をしないで済むように歯を残すことが基本です。むし歯によって痛みがひどい場合には抜髄処置といって、いわゆる神経を抜く治療を行いますが、それでも歯の根が修復不可能なほどまでになってしまうと、抜歯を余儀なくされます。...

  • 詳しく知りたいなら

    • 歯の治療方法については、比較的リーズナブルに済ますことのできる保険治療が一般的ですが、治療した歯の見た目をよくするために高級な素材を使用する場合や、抜歯した歯のかわりに人工的な歯を埋め込むインプラント治療を行う場合、歯列矯正を行う場合には保険適用外となりますので、治療費用の全額を自己負担する必要があります。それらの治療にかかる費用に関しては、歯科医院がそれぞれ独自の基準で定めることができますのである程度の幅がありますが、インプラントの治療でしたら1本あたり20万円から40万円程度、歯列矯正の場合は総額で80万円から100万円程度の費用がかかるとされています。...